RIMG0059

RIMG1259

正真正銘のトップクオリティのチベットの伝世Ancinet 3 eye dZi bead。

通常このランクの珠は、ディーラーとクライアントの間でプライベートに取引されますので、ネット上で目にする機会はまずないはずです。

この珠はブッダアイですが、他にも黒×白の3アイやドルジェ紋様など、今後ご紹介出来るとは思えない最高レベルの珠がいくつかあります。

11~12月に日本帰国予定です。ご興味おありの方は、beyul@yumtso.comまでご連絡下さい。

NobleTlkadytuw

極上のオールドチベタンターコイズが使われた高貴なネックレス。こちらより

OD-BD909_COPYCA_OZ_20141001141610

チベットのタイガーラグについてちょっとした記事がThe Wall Street Journalに載っていました。

 

その昔、チベットのンガッパ達が瞑想用の敷物として本物の虎の毛皮を使っていたそうですが、このタイガーラグは、チベットの絨毯の中でも特殊な位置を占め、特化した専門書が存在するぐらいコレクターがいます。

 

 

現代品のようですが、西洋のインテリアにも見事にマッチしていますね。

 

 

中国でのファッションショー。

 

モデルが美人なのは認めるけれど、穏やかなチベタンでも、これはやっぱり怒るだろうなと思う。

 

ཨོཾ་མ་ཎི་པདྨེ་ཧཱུྃの真言をタトゥーで腕にいれた若いチベタンの友人がいますが、後々お坊さんに怒られとても後悔していました。

若気の至りというやつでしょうか。西洋で過ごした年月が長かったという事もきっと決断の裏にはあるでしょうが、割とファッション感覚で入れる西洋人もいます。純粋な信仰心からくるもので、悪い意図で入れたわけではないのでいいじゃないと思ってしまう一方、やはり人体にお経を掘るという事は敬意を欠く事なのでしょうね。

Fnpielbow-001

パイナップル柄のファンシーエルボー。可愛いです。。

村々から集めれたスネイクビーズに紐通しをするハウサ族のとんぼ玉商人。

RIMG1455

数珠として作り上げられていた、江戸後期~明治初頭頃のとんぼ玉。

こちらは台湾のコレクターの元へ旅立ちました。

日本のとんぼ玉は、コレクタブルビーズの最高峰のひとつとして世界的に高く評価されていますが、海外のコレクターに渡る機会はあまりありません。外国ではアンティークの和玉は、江戸玉、明治玉等に区切らずざっくりとジャパニーズ エドビーズ名づけられています。

 

カラフルでプリミティブさがとても可愛い、セネガルのビーズストア。

sene

tmp1B5-40

 

$(KGrHqJ,!p!E9dR9SnnCBPozJJGhWg~~60_3

研磨作業をしているイダーオーベルシュタインの熟練の職人たち。

イダーオーベルシュタイン産のビーズには、丁寧で生真面目な仕事をするドイツ人の気質がとても反映されていると感じます。ひとつのビーズが出来上がるまでの、作業は根気が必要だったに違いありません。

536_4601797576753_1939956079_n

方向感覚だけはいいはずなのに、何度迷ったことか・・・

迷路のようなオールドメディナで一息。廃墟のように見えますが、トランスサハラ交易で栄えたキャラバンサライ跡です。こういう処に骨董品が眠っているんです。

DBRWH-002

激血赤の赤ビーズ。1連のみ確保してあります。

排灣族的收藏_%2833%29

私事ではありますが、パイワン民族のトンボ玉を探しています。

お持ちの方がいましたら是非ご連絡下さい。

Beyul ケン

SUJIDAMA-001

100年、200年前の『筋玉』。

お洒落がお好きな方。是非チャレンジしてみてください。

こちらより

Na3Nlace

ナバホ族の方が組んだ、7層シェブロンを使った本物のアンティークネックレス。ショップに追加しました。こちらより。

SVTSF-001

スペインが新大陸を征服した際に多くのヨーロッパ産トレードビーズが現地にもたらされました。

その多くが現地人によりロザリオに作り直され、お守りとして使われることになりました。

カテゴリー