11751189_10206265784357310_165642964_n

ARIZONA HIGHWAYSのバックイシュー。

すでに44年経っているので、だいぶ古い雑誌ですが、内容はいまだに濃いです。

特にサウスウエストのトレードビーズの歴史的背景を知る上での古典。ホワイトハーツがブラックフットインディアンから何と呼ばれていたのかなど興味深い事も書いています。2インチを超える6層シェブロンも圧巻。

この頃の雑誌は60セントだったのですね。

※本日よりSHOPはメンテナンスモードにさせて頂きました。戻り次第再開致します。

 

その昔、ヒッチハイクしながらモロッコから西アフリカのギニア湾まで旅をしたことがあった。

北アフリカからサハラを抜け、さらにずっとずっと南に陸路移動すると、禁欲的だったイスラム世界を後に、突如として肉体的なブラックアフリカへと突入する。

ひとつの文化圏から別の文化圏へと、飛び込んだ衝撃とカルチャーショックは今でも忘れられない。

image (9)

最近手に入った、1800年代のヴェネチア産、オーバル型金赤カーネリアンデアレッポ。

完品揃いの極上のコンディションです。

※残り1連のみ。

Size  約13×9mm 約60cm

Price  39000Yen

11745884_794481517337956_7687484018068507049_n

ヒマーチャルの断崖絶壁の山道。村々を繋ぐ人々の生命線ともいえる大切な道です。

ガードレールがあるとすごく安心する。でもない所もたくさんあるわけで、大体いつもどこかで転落事故起きている。

大なり小なりヒマラヤの道はこんな感じではないでしょうか。

 

それにしても、山を切り崩して車道を作り、修復する過程において、どれ程の犠牲があるのか。

作業員の勇気と根気には本当に頭が上がらないです。

 

sonamshitedzi-003

Lukmikdzi-001

4linedzi-001

broken SonamSite(Double SakorNamkor)    29×15mm

Lukmik   22×8mm

4 line Chung dZi    40×8mm

please ask for more information. (beyul@yumtso.com)

~お知らせ~

誠に勝手ながら、7月23日~8月半ばまで海外出張につきSHOPはメンテナンスモードに致します。

BLOGは今まで通り更新していきます。

どうぞよろしくお願い致します。

Beyul

RIMG1764

およそ2千年前のナチュラルな弓型のChung dZi。正真正銘の古代のオリジナル。中央に漆黒のバンド模様、両脇に色の異なる細密層のバンド、高貴さと品性を合わせ持つ美しさを感じます。弓型はレプリカは多く見る事が出来ても、本物は滅多にありません。なおかつ、ここまで何一つ文句のつけようがないクオリティの珠となると、相当珍しいです。

こちらはラダックに隣接するギルギット(リトルチベット)で見つけたもので、このような護符は、この地ではスレマニと呼ばれてきました。現在でこそコレクターから、より細分化されスレマニはラミック(薬師珠・バイシャジャグル)と呼ばれますが、昔は総称としてスレマニと呼んでいたのです。

桃源郷と呼ばれるヒマラヤの奥地のこの地では、村人が病気にかかれば、スレマニの持ち主の元へ訪ねます。病人の首にまけば病気がたちまち治ると信じられているからです。まさにヒーリング・治癒力が宿ると信じられている魔法の石だったのです。薬として煎じて飲むチベットとは少し風習が違う処がおもしろいですね。

Size  51×15mm

Price  please ask  (beyul@yumtso.com)

SAKOR

およそ2千年前のAncient  Tibetan SakorNamkor dZi bead。

こちらは、クリスタルの小さな眼が2か所、大きなアイの中に内在している出土サコナムコ(天地)。北インドのチベット文化圏、パキスタン~アフガニスタンの初期仏教圏で見つかるタイプです。

標高が高く、湿度が極端に低いこのヒマラヤ地方では、保存状態が良く、低地よりも圧倒的に良いコンディションで見つかります。クオリティはChung dZiに近く、肌質や光沢は伝世珠には敵いませんが、大きさはあり、状態も完品です。千年以上の時を経て、不思議な縁により顔をだした、初出しのような魅力があります。

あらゆる理想を追求した最高級の天地は、サイズにもよりますが、現在は500~1000万円前後してしまいます。価格面がリーズナブル、なおかつ状態の良い珠をお探しの方にもお勧めです。

Size  約51×11mm

Price  750000Yen

Tham54bagutic

いくつか、SHOPにも並べましたが、ブログでもひとつ紹介させて頂きたい珠があります。

Thanba Guticの愛称がある、4ラインのChung dZi。

カムの競馬際でチベット人の民族衣装を見ると大抵組み込まれているのがこのタイプです。それも中央に大きなサイズを。

こちらは54㎜を誇る貫禄あるサイズ。やや角ばった形をした大きな珠です。ブラッドスポットもたくさんあり、黒とアイボリーのコントラストもしっかりとしていて美しいです。

全体的なコンディションは良いのですが、両エンドにツァリ(クラック)があります。グレーの部分から中央には至らないので強度上の問題はないはずです。しかし、大切に生涯お使いになられるのであれば、保護する為にも24kゴールドキャップをエンドにほんのちょっとかぶせても良いと思います。dZiとゴールドの愛称は抜群です。美しさと高貴さは増す事でしょう。

Size  54×15mm

Price 300000Yen

tibetandorje

鎌倉・鶴岡八幡宮境内で開催する「鎌倉骨董祭」が7月4日に開催されます。(午前9時から午後5時までで雨天決行。)露天形式の蚤の市で、50店舗ほどが出店する本格骨董祭です。

BEYULも出店しますので、お時間ある方はどうぞ遊びに来てください。

今回はチベタン/ヒマラヤビーズを中心に血赤ホワイトハーツなどよいものを持っていきます。

4uniqueramikdzi-001

最近アップしている珠は日本に居る事もあり、国内発送可能です。又、関東圏の方はお尋ね頂ければ実際にお見せする事も可能です。

今日はとりわけお気に入りのラミックを追加。

image (8)

およそ2千年前のチベットのAncient Tibetan Lukmik(ルックミ/ルクミック)

黒と白の強烈なコントラストの伝世ルックミ。オイリーな肌質はたまりません。

言うまでもありませんが、人工的なエッチングが施されたdZiクオリティのタイプです。

このような極珠は滅多な事では、このご時世出てきません。。

大きさは23mmと小さすぎる事のない十分なサイズ。

裏側の片孔付近に小さなチップあり。しかし紐がぐらぐらする事はなく、その点は影響は与えませんので、これぐらいは許容範囲内と考えても良いと思います。

こちらはブログだけのスペシャルアイテムです。

価格はお問い合わせ下さい。 SOLD OUT 

image (1)

先日、ネパールへ復興支援の為、現地へ向かった友人からさっそく写真が送られてきました。

友人は、個人でボランティアをされているチベット人で、大きな組織のようにスタッフはたくさん居ませんが、少数の仲間と共に、無駄のない迅速な活動を行っています。

今回は、首都カトマンズから6時間のヨルモという村で支援が行われ、家が全滅の為、トタン屋根を400個程持っていったとの事です。

ネパールでは雨季が近い為、被災した村人達はとても喜んでいましたと報告にありました。義援金を託して頂いた方に感謝致します。

復興にはとても長い時間がかかります。このような政府や支援の手が入っていない陸の孤島はたくさんネパールにはあるはずです。それぞれがそれぞれの方法でネパールの復興を考えていければ良いと考えています。

OATICOCOMALA-005

今、日本に来ているという事もあり、更新頻度が遅くなってしまっています。

今日は久々に激烈に渋いチベットのココナッツマーラーを突然載せました。

(来月中はもっと増やせるようにします。)

 

実物をご覧になりたい方はご連絡下さい。

抜群のクオリティの5~6mmのオールドホワイトハーツも入荷しています。

ネパールには毎年のように通ってきた場所で、今までの滞在を計数すると年単位になります。

そしてこの間、多くの友人が出来、深いつながりを感じてきました。

この国は世界でも最貧国のひとつですが、人々はたくましく暖かでとても親切です。そして大の親日国でもあります。

ネパールは、地震が頻発する国ではないので、建物を見れば分かる通り備えはほとんどありませんでした。

今回襲った大地震は相当な被害をもたらさすだけでなく、人々の間でも恐怖を植え付けてしまった事でしょう。

停電は今も続いているそうで、建物が崩壊する事を恐れ、外で寝泊まりしているとの事です。

大きな被害があった場所は山岳部の町や、名もないような小さな村々にあると思いますが、幸い都心部はネットは繋がる為、連絡が取れた友人もいます。

チベットのアンティークは、ネパール経由で手に入れたものもたくさんあり、最終的に私の元へやってくるまでに、ひとつの品であっても本当に様々な人の手を渡っています。この過程は表には見えないはずですが、限りない恩が彼らにはあります。

亡くなられた方にお悔やみを申し上げると共に、被災された方々の生活が元に戻るようお祈りします。

鎌倉路地フェスタ2015

beyulrojifes

2006年から始まった「鎌倉路地フェスタ」は、今年で10回目を迎えます。
春の10日間、「アート」「路地」「鎌倉らしさ」「暮らし」…をテーマにした催しをおこないます。

BeyulオリジナルアクセサリーはFLORALさんを通して販売させて頂いています。鎌倉はメイン通りを少し外れた小道や路地にたくさんの拘りのお店があります。普段歩く事のない裏鎌倉の風情をお楽しみ頂くついでに、是非お立ち寄りください。