鎌倉路地フェスタ2015

beyulrojifes

2006年から始まった「鎌倉路地フェスタ」は、今年で10回目を迎えます。
春の10日間、「アート」「路地」「鎌倉らしさ」「暮らし」…をテーマにした催しをおこないます。

BeyulオリジナルアクセサリーはFLORALさんを通して販売させて頂いています。鎌倉はメイン通りを少し外れた小道や路地にたくさんの拘りのお店があります。普段歩く事のない裏鎌倉の風情をお楽しみ頂くついでに、是非お立ち寄りください。

 

 

Gujaraatinecklace-001

1800年代の超希少、最初期メッカビーズが使われたグジャラートの伝世首飾り。

pinkpineapple

ピンクパイナップル。

ピンク系のトレードビーズでは最も人気のある希少玉。

ルイス&クラーク、7層シェブロン、ゴーストといった名品と肩を並べる有名な存在です。

コレクターを続けていると、いつかのタイミングで手に入れてみたい・・そう思わせてくれる類のものです。

 

FeVenetiaraBeads

クリムゾンレッドの美しいオールドヴェネチアンフェザー

こっそりヴェネチアンカテゴリーに追加しました。

89cmのロング連。22500円

RIMG7079

北インド、ヒマーチャル・プラデーシュより。

RIMG6820

 

 

blogの更新がさぼり気味になってしまっている今日この頃。

 

巷では、ANTQのヴェネチア産として売られているようですが、このドス黒血赤ホワイトハーツはVintageのMade in Franceです。

 

数量に限りあり。

 

Boneochinesebeads

 

NYakTiMala-022

RIMG3237

100-001

ターコイズブルーのオールドホワイトハーツ、4連最入荷しました。

dzi2eyeancinet

nipacuptu&godzinipa-001

3つのニパを載せました。

 

dZiは、「ジー」と発音してもチベットでは通じない。

「天珠」はチベット人にとっては外国語なので誰も分からない。

ズィとスィが一番近いですが、正しくはこの中間。

日本語と英語にはない発音なのです。

AnPuNep-008

超オパール化した激烈なパティナの6ライン、古代プンテック。

こちらにアップしました。

Whbgcann

存在感の塊。西アフリカ用に作られたヴェネチアの古い交易玉です。

一連まるまる手に入る事は極めて稀です。

ありきたりなトレードビーズでは満足出来ない方に手にして頂けたらと思います。

Veneziaカテゴリーにアップしました。

omolo2amulets-001

護符として使われていた、エチオピアのオールドシルバーペンダント。

OnlineShopに載せましたが、このペンダントは確か今回が初めてのご紹介です。。

おそらく20世紀初頭頃。純度は不明ですが、ニッケルシルバーではなく銀製です。

まだまだおもしろいものは世界にはたくさんあります。

345-008

今回の日本滞在を含む出張期間が予定より伸びてしまい、長い間SHOPをメンテナンス中にしていました。

今年は例年になく忙しくなりそうですが、もうすぐ再開予定です。

少しづつ集めていた、素敵な品々を載せたいと思っています。

どうぞよろしくお願い致します。

Beyul ケン

10863596_757024357724248_834263476_n

10850931_757024857724198_1275650796_n
パキスタン北部ギルギットで出土した奇妙なdZi。

元々同じ石だったとは思えない程、左右ではまったく異なった景色を備えています。

右半分は明らかに火に燃やされた形跡を残します。

現在は中央で繋ぎ合わされ修復されていますが、左半分と右半分が3フィート離れた状態で出土されたとの事です。

何故片方だけが燃やされ、片方はそのまま残ったのか。。何故離れた状態で見つかったのか。

古代に何が起きたのでしょうか。

今となっては分かりようがありませんが、このような珠は非常に特殊な事例です。

 

ギルギット・バルティスタンは、北にアフガニスタン、東にチベット、南にラダックを含むカシミールに隣接する古くからの要衝として知られていました。

ギルギット・バルティスタンの人々の多くは何百年も前にイスラム教に改宗しましたが、彼らは起源をチベットに持ち、文化や言語はチベット西部と共通する部分があると言われています。

1947年の印パ分離独立前にはジャンムー・カシミール藩王国として、現在の北インドのラダックと同じ国に属しており、16世紀のムスリムの文献には「小チベット」と呼ばれていた事が分かっています。

(「小チベット」は現在のラダックの愛称として知られていますが、大昔はラダックが「大チベット」、ギルギット・バルティスタンの方が「小チベット」と西方人に呼ばれていたそうです。)

 

出土dZi beadsの記事でパキスタンやアフガニスタン、イランなどでは例外を除いて伝世する風習がなかったと書きました。

この事はほとんど誰も知らない事ですが、驚くべき事にこの地域ではdZi beadを伝世する風習が今もわずかに残っています。

イスラムという潮流の中でも、チベット文化のなごりを残した、非常に特異な場所であると言えます。

彼らはチベットのようにdZiとは呼ばずに、Jonae Maaniと呼び、親から子へ受け継いできました。

Jonaeは蛇、Maaniは珠という意味で、 蛇の口から落とされた、蛇の口から生まれた珠、という大昔から伝承されてきた伝説から来るようです。一昔前は財産の牛2~3頭と交換されていたと言う事ですから、とても高い価値が置かれていた事が分かります。

 

gigit