16522979_10210620545583619_894596184_n

海外出張が続き、しばらく更新が行えない程多忙でありましたが、5月8日より誠に勝手ながら、一か月ほど営業をお休みさせて頂きます。

なお、メールでのお問い合わせはこれまで通り行います。

よろしくお願いします。

 

dfc03e92b1265a1c8129e0377731c96c次回の大江戸骨董市出店は、2017年、4月2日(日曜日)の有楽町・東京国際フォーラムで、9:00~16:00での開催を予定しております。(雨天中止)

※出店場所は毎回違いますので、Beyulの場所は運営デスクでお尋ねください。

又、持参品は毎回違いますので、ご要望の品がありましたら予めお問合せ欄よりメール下さい。

beyul

5f19f2928e4a65f5a783ce49a16bd2a1

Instagramで気ままにパラパラと旅の写真やアンティークの写真を載せています。(ここだけでしか見れない品も結構あるはず!)

antiquekenで探してみてください。

10628115_10203395600664517_3781257254804228097_n

次回のBeyulの大江戸骨董市出店は、2017年、1月15日(日曜日)の有楽町・東京国際フォーラムで、9:00~16:00での開催を予定しております。(雨天中止)

※出店場所は毎回違いますので、Beyulの場所は運営デスクでお尋ねください。

又、持参品は毎回違いますので、ご要望の品がありましたら予めお問合せ欄よりメール下さい。

beyul

 

15658594_10210161891797561_1468836860_o

次回のBeyulの大江戸骨董市出店は、2017年、1月3日(火曜日)の有楽町・東京国際フォーラムで、9:00~16:00での開催を予定しております。(雨天中止)

※出店場所は毎回違いますので、Beyulの場所は運営デスクでお尋ねください。

又、持参品は毎回違いますので、ご要望の品がありましたら予めお問合せ欄よりメール下さい。

beyul

img_1639

明日より12月半ば頃まで、仕入旅に出かけます。

(申し訳ありませんが、この間、HPからの受注は承れません。)

どうぞよろしくお願いいたします。beyul

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次回のBeyulの大江戸骨董市出店は、2016年、10月30日(日曜日)の有楽町・東京国際フォーラムで、9:00~16:00での開催を予定しております。(雨天中止)

※出店場所は毎回違いますので、Beyulの場所は運営デスクでお尋ねください。

又、持参品は毎回違いますので、ご要望の品がありましたら予めお問合せ欄よりメール下さい。

beyul

r0010632

次回のBeyulの大江戸骨董市出店は、2016年、10月16日(日曜日)の有楽町・東京国際フォーラムで、9:00~16:00での開催を予定しております。(雨天中止)

※出店場所は毎回違いますので、Beyulの場所は運営デスクでお尋ねください。

beyul

img_4265

次回のBeyulの大江戸骨董市出店は、2016年、9月25日(日曜日)の有楽町・東京国際フォーラムで、9:00~16:00での開催を予定しております。(雨天中止)

※出店場所は毎回違いますので、Beyulの場所は運営デスクでお尋ねください。

お時間がある方はどうぞ遊びに来てください。

beyul

img_0365

9月18日の大江戸骨董市は悪天候の為、中止となりました。残念ではありますが、次回決まりましたら又告知致します。

よろしくお願いします。

BEYUL

10460281_10203412076576399_4636767907850989620_n

次回のBeyulの大江戸骨董市出店は、2016年、9月18日(日曜日)の有楽町・東京国際フォーラムで、9:00~16:00での開催を予定しております。(雨天中止)

※出店場所は毎回違いますので、Beyulの場所は運営デスクでお尋ねください。

お時間がある方はどうぞ遊びに来てください。

10402878_10203326319672530_6427447156655521774_n

近況という程ではありませんが、ここ一か月程仕入旅で出かけておりました。

(商品もたくさんあるのですが、アップするのに時間かかってしまっています。)

9月は、都内の骨董市へ出店予定です。

詳細が決まりましたら、告知させて頂きます。Beyul

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

darkredjapanesecoral-001

トップグレードの血赤珊瑚のペア。

余計な説明は不要でしょう。日本海の血赤珊瑚は大昔よりチベット人の手に渡り、dZiの次に大切にされてきた宝石です。ペアとして揃えるのはなかなか大変でした。

 

lukmikandbhudai-002

いつ、どこで作られて、どのような人が身に着け、旅をしてきたのか。何もわかっていないに等しいですが、歴史の重みをひしひしと感じます。