You are currently browsing the category archive for the ‘dZi & ancient beads’ category.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広告

lukmikandbhudai-002

いつ、どこで作られて、どのような人が身に着け、旅をしてきたのか。何もわかっていないに等しいですが、歴史の重みをひしひしと感じます。

ANCIENTTASSODZIBLSP

 

RIMG4442

素晴らしい質のオールドチベタンターコイズが手に入っております。穴回りの摩耗、まったりとろけそうな滑らかな肌質はたまりません。

良いターコイズをお探しの方がいましたら、個人的におすすめしたい珠です。

Size  約22×18×11mm

Prize 45000yen

 

TAMIK5lukmik

Please ask for more infomation

Chung

およそ2千年前のチベットのAncient  Chung dZi。

漆黒のボディにアイボリー色のシングルラインChung dZi(チュンズィ/チョンジー)。

片穴付近にドォソップ(クリスタルの結晶)あり。

状態完品。質も素晴らしい美しい珠です。

Size  約21×10mm

Price 75000Yen

RIMG3353

およそ2千年前のAncient  Tibetan Ramik dZi bead。ラミック(山羊眼)(Bhaisajyaguru/スレマニ/薬師珠/)

20.8mmを誇るスペシャルモンスターサイズ!

漆黒のボディにピンストライプがかっこよすぎる特別な存在感のラミックです。

このサイズは滅多に出てこないばかりか、その大きさからチベットやヒマラヤ圏では特別な位置づけと共に珍重されます。

単体で身に着けて頂いても十分すぎる存在感でしょう。

長い年月の間、代々受け継ぎ身に着けられてきた事により、肌質はオイリーで滑らかです。又無数の風化紋も全体に見られます。状態もとても良いです。

 

Size 20.8×19.3mm

Price Sold Out

IMG_0421

 

このふたつの極上珠もブログだけのスペシャル。

反転紋様のTASSOとスィトゥ3 eyesです。

please ask for more information (beyul@yumtso.com)

 

sonamshitedzi-003

Lukmikdzi-001

4linedzi-001

broken SonamSite(Double SakorNamkor)    29×15mm

Lukmik   22×8mm

4 line Chung dZi    40×8mm

please ask for more information. (beyul@yumtso.com)

~お知らせ~

誠に勝手ながら、7月23日~8月半ばまで海外出張につきSHOPはメンテナンスモードに致します。

BLOGは今まで通り更新していきます。

どうぞよろしくお願い致します。

Beyul

RIMG1764

およそ2千年前のナチュラルな弓型のChung dZi。正真正銘の古代のオリジナル。中央に漆黒のバンド模様、両脇に色の異なる細密層のバンド、高貴さと品性を合わせ持つ美しさを感じます。弓型はレプリカは多く見る事が出来ても、本物は滅多にありません。なおかつ、ここまで何一つ文句のつけようがないクオリティの珠となると、相当珍しいです。

こちらはラダックに隣接するギルギット(リトルチベット)で見つけたもので、このような護符は、この地ではスレマニと呼ばれてきました。現在でこそコレクターから、より細分化されスレマニはラミック(薬師珠・バイシャジャグル)と呼ばれますが、昔は総称としてスレマニと呼んでいたのです。

桃源郷と呼ばれるヒマラヤの奥地のこの地では、村人が病気にかかれば、スレマニの持ち主の元へ訪ねます。病人の首にまけば病気がたちまち治ると信じられているからです。まさにヒーリング・治癒力が宿ると信じられている魔法の石だったのです。薬として煎じて飲むチベットとは少し風習が違う処がおもしろいですね。

Size  51×15mm

Price  please ask  (beyul@yumtso.com)

SAKOR

およそ2千年前のAncient  Tibetan SakorNamkor dZi bead。

こちらは、クリスタルの小さな眼が2か所、大きなアイの中に内在している出土サコナムコ(天地)。北インドのチベット文化圏、パキスタン~アフガニスタンの初期仏教圏で見つかるタイプです。

標高が高く、湿度が極端に低いこのヒマラヤ地方では、保存状態が良く、低地よりも圧倒的に良いコンディションで見つかります。クオリティはChung dZiに近く、肌質や光沢は伝世珠には敵いませんが、大きさはあり、状態も完品です。千年以上の時を経て、不思議な縁により顔をだした、初出しのような魅力があります。

 

Size  約51×11mm

Price  Sold out

Tham54bagutic

いくつか、SHOPにも並べましたが、ブログでもひとつ紹介させて頂きたい珠があります。

Thanba Guticの愛称がある、4ラインのChung dZi。

カムの競馬際でチベット人の民族衣装を見ると大抵組み込まれているのがこのタイプです。それも中央に大きなサイズを。

こちらは54㎜を誇る貫禄あるサイズ。やや角ばった形をした大きな珠です。ブラッドスポットもたくさんあり、黒とアイボリーのコントラストもしっかりとしていて美しいです。

全体的なコンディションは良いのですが、両エンドにツァリ(クラック)があります。グレーの部分から中央には至らないので強度上の問題はないはずです。しかし、大切に生涯お使いになられるのであれば、保護する為にも24kゴールドキャップをエンドにほんのちょっとかぶせても良いと思います。dZiとゴールドの愛称は抜群です。美しさと高貴さは増す事でしょう。

Size  54×15mm

Price 300000Yen

4uniqueramikdzi-001

最近アップしている珠は日本に居る事もあり、国内発送可能です。又、関東圏の方はお尋ね頂ければ実際にお見せする事も可能です。

今日はとりわけお気に入りのラミックを追加。

image (8)

およそ2千年前のチベットのAncient Tibetan Lukmik(ルックミ/ルクミック)

黒と白の強烈なコントラストの伝世ルックミ。オイリーな肌質はたまりません。

言うまでもありませんが、人工的なエッチングが施されたdZiクオリティのタイプです。

このような極珠は滅多な事では、このご時世出てきません。。

大きさは23mmと小さすぎる事のない十分なサイズ。

裏側の片孔付近に小さなチップあり。しかし紐がぐらぐらする事はなく、その点は影響は与えませんので、これぐらいは許容範囲内と考えても良いと思います。

こちらはブログだけのスペシャルアイテムです。

価格はお問い合わせ下さい。 SOLD OUT 

dzi2eyeancinet

nipacuptu&godzinipa-001

3つのニパを載せました。

 

dZiは、「ジー」と発音してもチベットでは通じない。

「天珠」はチベット人にとっては外国語なので誰も分からない。

ズィとスィが一番近いですが、正しくはこの中間。

日本語と英語にはない発音なのです。

カテゴリー

広告